電気料金を抑える|安さえおサービス内容を比較しよう

大手と中小の違い

電気工事

特徴を見て決める

電気工事が必要になったときは、電気設備工事店に工事を依頼することになりますが、電気設備工事店には規模の大小を含めて様々な業者が存在しています。その中から理想の電気設備工事店はなかなか難しいものがあります。電気設備工事店は大きく分けると大手業者と中小業者に分かれます。大手業者は社会的信用が高く、多くの技術や資格を持った社員が所属しているため、ほとんどすべての電気工事を一定レベル以上の仕上がりが期待できます。工事だけでなく現場管理に関してもシステマチックにきっちりと決まっているため、手抜き工事の心配をする必要があります。マイナス点としては、中小と比べると料金が高めでビルや工場といった大規模な電気工事を中心に請け負っているので、一般家庭などの小口の仕事を請け負ってくれなかったり、請け負ってくれた場合でも実際の工事は下請けの中小業者が行うことになり、責任の所在がはっきりしないことがあります。中小業者では、小口の工事でも柔軟に請け負ってくれることが多く、自社施工を行うことが多いため中間マージンが発生しないことから安価で工事をしてくれることが多くなっています。中小業者の中には下請けしか工事を請け負わないことが多く、直接工事を頼めないこともあります。なかには中小業者の中にも一般家庭からの依頼を中心に受けているところもあるので、これまでの説明を参考にしながら理想の電気設備工事店を見つけるようにしてください。