電気料金を抑える|安さえおサービス内容を比較しよう

大手と中小の違い

電気工事

電気工事をしてもらう電気設備工事店には大手業者と中小業者があり、それぞれに長所と短所があります。大手業者は一定レベル以上の仕事をしてくれますが価格が高めで、中小業者は小口の工事も請け負ってくれて価格は安いものの直接依頼できないことがあります。

各社でサービス内容が違う

悩む女性

電力自由化は2016年4月よりスタートしました。利用者は電気料金を比較して業者を決める事が出来るようになりました。新たなに参入した業者は付帯サービスを展開していますが、付帯サービスばかりに目が行きがちな上、業者を切り替えると電気料金が必ず安くなる訳でない点は注意が必要です。

電気の知識

電球と電卓

何が一番お得かを考える

電力自由化によって、これからは個人が自由に電力会社を選べる時代になりました。そうなると、まずは電力会社を比較し、選ぶ基準が必要になってきます。その最も大きな比較基準の一つとなるのが、やはり電気料金です。なぜなら、電気は暮らしている限り毎日必ず使うものだからです。そのため、基本の電気料金が1円違うだけでも、月単位、年単位で考えていくと大きな差となるのです。しかし、電気料金を比較する際は、ただ単純な安さの比較だけでは本当にお得かどうかは分かりません。それというのも、世帯人数や電気の使い方、またオール電化か否かなどの条件によって、最適なプランや節約できる金額は変わってくるからです。ですから、電気料金で電力会社を選ぶ際は、まずは現在の生活スタイルと毎月の電気料金をきちんと把握するところから始めましょう。そして、それらの情報をもとに、電気料金比較サイトなども使って、より正確な試算を出すのがポイントです。電力自由化が始まったばかりで、まだ自分の住む地域にどんな電力会社があるのか把握しきれていない場合もありますから、そうした意味でも、情報サイトの力を借りるのが一番簡単で確実です。そしてさらに、料金と併せて、お得なサービスがついている契約プランが提供されていないかどうかも調べておきましょう。使っている携帯電話やためているポイント、あるいは持っているクレジットカードで、プラスアルファの特典が受けられる場合があります。

サービスを比較した上で

電力自由化

電力自由化によって、多くの電力会社が様々なサービスを提供するようになりました。それに伴って多くの人が、各電力会社のサービスを比較しながら、切り替えを検討するようになっています。内容はもちろん、サービスを実際に利用した人の感想やデータなども参考にしながら、最も適した電力会社を選ぶわけです。